So-net無料ブログ作成
検索選択

NATO、何時まで誤爆と言うのか [戦争・紛争]



◆【11月28日 AFP】北大西洋条約機構(NATO)軍が26日に、パキスタン北西部のアフガニスタン国境に近い部族地域に対して行った空爆でパキスタン軍兵士24人が死亡した事件をめぐり、欧米メディアでパキスタン軍が先制攻撃したとの報道が出ていることについて、パキスタン軍は28日、事実ではないと否定し、「彼らは言い訳をでっちあげている」と批判した。  パキスタン軍報道官のアタル・アッバス(Athar Abbas)少将はAFPの取材にテキストメッセージで返答し、パキスタン軍の先制攻撃報道について「事実ではない。彼らは言い訳をでっちあげている。彼らにどんな損失があり、犠牲者は一体、何人いるのか」と反論した。  NATOと米国はパキスタンとの同盟関係を損なわないよう、この事件の影響を最小限に抑えようとしているが、パキスタン政府はアフガニスタンに駐留するNATO軍など外国部隊14万人に不可欠な輸送ルートを閉鎖し、米国との同盟の見直しを指示している。◆

2011年連合軍(NATO)が給フところの誤爆・誤射が以下

【パレスチナ】
1月2日
ヨルダン川西岸地区ナブルス近郊のイスラエル軍検問所でイスラエル兵の発砲により非武装のパレスチナ人男性1人死亡,イスラエル軍は停止命令を無視して検問所に接近したための発砲と説明。(R)
1月7日 ヨルダン川西岸地区ヘブロンでハマスに対するイスラエル軍の強制捜索行動中のイスラエル兵の誤射によりパレスチナ人男性1人死亡。(AP)
2月17日
ガザ地区北部の地中海岸でイスラエル軍の発砲により爆発物設置中のパレスチナ人3人死亡,イスラエル軍発表,パレスチナ解放民主戦線は1人は同グループのメンバーと確認,残りの2人の死体を受け取った関係者は2人は漁民と述べる。(AP)
3月20日
ガザ地区のイスラエルとの境界付近でイスラエル兵の発砲により非武装のパレスチナ人2人死亡,イスラエル軍は2人が爆弾らしきものを所持して境界に接近したため発砲と説明。(AP)(R)
3月22日
ガザ地区でイスラエル軍の砲撃により子ども3人含む非武装の民間人4人死亡,13人負傷,イスラエル軍はイスラエルへのロケット弾攻撃に対するパレスチナ武装勢力標的の報復攻撃の誤爆と説明。(AP)(R)

【アフガニスタン】
1月9日
南部ヘルマンド州でNATO軍・アフガン軍と武装勢力との銃撃戦中に子ども1人含む民間人3人死亡。(AP)
中部ダイクンディ州でNATO軍の空爆により警官3人死亡,3人負傷。(ISAF)
1月15日
東部クナール州コダガイ地域の2軒の民家へのNATO軍の空爆により子ども3人含む6人死亡,州議会議員発表,ISAFは空爆により武装勢力多数死亡と発表。(R)
1月18日
西部ヘラート州で武装勢力とNATO軍との戦闘中にロケット弾が民家に命中し子ども1人死亡,家族ら10人負傷。(AP)(R)
1月30日
西部ファラー州でNATO軍の空爆により民間人1人死亡,武装勢力2人負傷。(R)
2月3日 南部ヘルマンド州ラシュカルガー地区で銃撃を受けたNATO軍部隊の発砲により民間人2人死亡,1人負傷,詳細調査中。(ISAF)
2月7日
南部ヘルマンド州ナダリ地区で武装勢力掃討作戦中のNATO軍の空爆により子ども1人死亡。(ISAF)
2月17日
東部クナール州ガジ・アバード地区でNATO軍の空爆と地上軍の作戦行動により民間人64人死亡,州警察長官と州知事発表,ISAFは武装勢力36人死亡としつつ詳細調査中と発表,政府調査団が27日に民間人死者は65人でうち子ども40人との調査結果を発表。(ISAF)(AP)(R)
2月20日
東部ナンガルハル州コギャニ地区でIED設置中の武装勢力3人に対するNATO軍の空爆により民家が破壊され民間人6人死亡,数人負傷,詳細調査中。(ISAF)(R)
2月24日
東部カピサ州アラフサイ地区でNATO軍ヘリからの攻撃により狩猟中の民間人5人(大人3人と子ども2人)死亡,地区首長発表,ISAFは武装集団を攻撃としつつ詳細調査中と発表。(ISAF)(R)
3月1日
東部クナール州の山岳部のNATO軍前方展開基地に2発のロケット弾攻撃,発射地点付近へのNATO軍ヘリの空爆により7歳~12歳の子ども9人死亡,1人負傷,州警察署長発表,2日にNATO軍も確認し謝罪声明発表。(ISAF)(AP)(R)
3月3日
東部コースト州シャーコット地区でNATO軍の作戦行動中に兵士の発砲によりアフガン人男性3人死亡,NATO軍は3人が部隊に向かって走って接近し,うち1人は自爆ベストのようなものを着用していたため発砲,と説明。(ISAF)(R)
3月9日
北部クンヅズ州チャルダラ地区でドイツ軍の作戦行動中の銃弾により女性1人死亡。(AP)
南部カンダハル州ザーリ地区近郊の村で警官隊の武装勢力掃討作戦中に民間人男性3人と女性2人死亡,州知事公舎前で住民数十人が抗議行動。(AP)
南部カンダハル州カンダハルでNATO軍の対武装勢力作戦行動によりカルザイ大統領のいとこの州議会議長1人死亡。(AP)(R)
3月14日
東部クナール州チョウカイ地区でNATO軍ヘリからの空爆により子ども2人死亡。(ISAF)(AP)
3月17日
東部クナール州チョウカイ地区でNATO軍ヘリからの空爆により子ども2人死亡。(ISAF)(AP)
3月23日
東部コースト州テレザイ地区でNATO軍の武装勢力車両標的の空爆により民間人2人死亡。(AP)(R)
3月25日
南部ヘルマンド州ナウザード地区でNATO軍ヘリが民間人の乗る2台の車両に発砲し女性2人と子ども3人含む民間人7人死亡,5人負傷。(AP)(R)
3月31日
南部カンダハル州カンダハルのNATO軍検問所にブレーキ故障の車が接近し兵士が自爆攻撃と誤認して発砲,車に乗っていた民間人2人死亡,4人負傷,車は排水溝に落下し通行人ら2人死亡,2人負傷。(AP)(R)
4月4日
北西部サレプル州でNATO軍・アフガン軍の夜間の作戦行動により民間人6人死亡,州知事発表,NATO軍は武装集団が部隊に発砲したために応戦と説明。(R)
4月22日
東部コースト州でNATO軍の空爆により建設会社労働者3人死亡,1人負傷。(R) 4月23日 東部カピサ州のNATO軍ヘリの墜落現場でNATO軍の空爆により武装勢力8人と民間人3人死亡。(R)
5月3日
中部ガズニ州ギラン地区でNATO軍補給物資輸送車列へのNATO軍機の誤爆によりアフガン人警備員10人死亡。(AP)(R)
5月11日
東部ナンガルハル州でNATO軍の夜間のタリバン掃討作戦中にNATO軍兵士の発砲により警官1人と非武装の女性1人死亡。(ISAF)(AP)
5月14日
東部ナンガルハル州ヘサラク地区でNATO軍・アフガン軍の作戦行動中の発砲により少年1人死亡
5月15日
東部クナール州ガズニ・アバード地区でNATO軍部隊が5人の民間人を武装勢力と誤認して発砲し女性5人死亡,地元メディア報道,州知事は武装勢力の攻撃に対するNATO軍の応戦により少女1人死亡,4人負傷と発表。(ISAF)(R)
5月18日
北東部タカール州タロカン近郊ガウマルで17日深夜からのNATO軍の作戦行動により民間人男性2人と女性2人死亡,州知事発表。(AP)(R)
5月24日
南部ヘルマンド州でNATO軍の夜間の武装勢力掃討作戦中のNATO軍兵士の発砲により非武装のアフガン人男性1人死亡,男性が懐中電灯をNATO軍部隊の方に向けたのを敵対行動と誤認。(AP)
5月29日
南部ヘルマンド州ナウザード地区で武装勢力の攻撃を受けた米海兵隊の要請で出動したNATO軍戦闘機の民家2軒への誤爆により民間人14人(子ども12人と女性2人)死亡,子ども3人含む6人負傷。(AP)(R)
6月22日
南部カンダハル州スピンボルダク地区でNATO軍の友軍誤射によりアフガン国境警備隊員2人死亡。(AP)
7月14日
東部コースト州でNATO軍の夜間の作戦行動により民間人6人死亡,住民1000人以上が抗議行動。(AP)
7月25日
東部ワルダク州サイイダバード地区でパトロール中のNATO軍部隊標的のIED攻撃により民間人1人死亡,NATO軍兵士数人負傷,IED爆発直後の武装勢力による小火器攻撃とNATO軍兵士の応戦中に民間人3人死亡,1人負傷。(ISAF)
南部ヘルマンド州ナフレサラジ地区で英軍ヘリの空爆により子ども5人負傷。(AP)(R)
7月26日
東部カピサ州ニジラブ地区でフランス軍部隊に接近する車へのフランス兵の発砲により女性と子ども含む民間人3人死亡,4人負傷。(ISAF)(R)
7月31日
東部ヌリスタン州ワマ地区の警察検問所へのNATO軍の空爆により警官4人死亡,空爆後にNATO軍地上部隊が警官12人を拘束。(AP)
8月5日
南部ザブール州カラート地区でNATO軍の夜間の作戦行動により民間人3人死亡,州警察本部長発表,NATO軍は武装勢力容疑者3人死亡と発表,住民約100人が抗議行動,警官隊と衝突し発砲により住民3人と警官1人死亡。(AP)(R)
南部ヘルマンド州ナダリ地区でNATO軍部隊にRPGと小火器攻撃,応戦の空爆により女性と子ども含む非戦闘員8人死亡。(AP)(R)
8月14日
カブールのNATO軍司令部内でNATO軍兵士の発砲によりアフガン人清掃員1人死亡。(R)
8月26日
東部ロガール州でNATO軍の空爆により女性4人含む民間人6人死亡,カルザイ大統領発表。(AP)
9月3日
北部バルク州でアフガン軍・NATO軍の夜間の作戦行動により非武装の女性1人死亡。(R)
南部カンダハル州カンダハルで武装した男がNATO軍部隊を銃撃,応戦の発砲により子どもと商店主の計2人死亡。(AP)
10月16日
東部ワルダク州でNATO軍・アフガン軍の強制捜索対象の建物への発砲によりアフガン議会前上院議員の家族3人死亡,2人拘束,NATO軍は建物の窓に小銃を発見したための発砲と説明。(AP)
11月18日
中部ガズニ州の警察検問所でNATO軍の発砲により警官2人死亡,2人負傷,ISAFは部隊が検問所からRPGや迫撃砲攻撃を受けたため自衛のために交戦したと発表。(AP)(BBC)
11月24日
南部カンダハル州ザルザイ地区でNATO軍の空爆により子供6人と大人1人死亡。(AP)

パキスタン、イラクもある。エジプト、リビア、シリア、スーダン等と数えたらキリがないほど。
全て誤爆だそうです。誰がいつまでも信じるモンですかっ!
高性能の対人ミサイルだって持ってるハズなのに、これだけの誤爆なんてありえるんですかね?
いいかげんに「誤爆」とか言うの止めなさいよ。
アンタ達がいくら「誤爆」と不可抗力と位置づけて責任転嫁をしようと、資本による民族浄化でしょ。

誤爆した兵士を公開して、国際裁判にかけろっつーの。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。