So-net無料ブログ作成

赤い橋の下のぬるい水・辺見庸著 [読書]

2ヶ月ほど前のある日、会社の電話をとったら

「あのぅ、住所変更の連絡なんですが、こちらでいいですか?」

礼儀正しい青年の声が聞こえてきました。
こういう場合のほとんどが、ファンクラブ会員さんが転居したための連絡です。

ファンクラブの会員番号・氏名・本人確認のための生年月日を問い、新しい住所地の郵便番号を聞き検索したところ「宮城県石巻市○○」との答えが返ってきました。
石巻市かぁ。。。
その後に続く地名を聞き、電話番号も変わったのか、既に転居したのかを聞き、普段であれば「ご連絡ありがとうございました」と受話器を置くところなのですが、この時ばかりは思わずこちらから話しかけてしまいました。

「石巻は大変な被害だったと聞いていますが、大丈夫でしたか?もう落ち着かれましたか?」

「はい、私はなんとか助かったんですが、家が流されちゃって。ははは。もっと前から実家に世話になっているんですが、連絡が遅くなってすみません。」

明るい口調で、そんな答えが返ってきました。受話器越しの知らない者に対しても丁寧に話してくれる人は激減したと感じている昨今だけに、声が震え同時に視界もぼやけてしまいまいました。
昨年、とある場で出会った大学生のことを思い出しました。姓は岩手県の風雅な都市名と同じなんだけれど、出身は宮城県と言っていたっけ。

「ストイコビッチ以来、名古屋グランパスが大好きなんです。あ、もちろん今はベガルタが一番ですけどね!」

そう言っていた彼はどうしているだろう。。。

前置きが長くなってしまいましたが、石巻市出身の辺見庸氏による、タイトルの本書について。
再読でした。初めて読んだのは数年前ですが、「もの食う人々」に打たれ、何でもいいから辺見さんの本が読みたいと思って手に取ったのが「赤い橋の下のぬるい水」。
こりゃ順番間違えた(笑)!
正直に告白すれば、初めて読んだ時は甚だ荒唐無稽なエロスしか感じられなくて面食らいました@@。
しかし、、、辺見さんのその後の著書の中には、「赤い橋の・・・」の中にも出てくる「汽水」という表現が何度も出てきます。詩集の「生首」にも、「水の透視画法」にも。

「汽水」という言葉が出てくる度に、「赤い橋の下のぬるい水」を思い、一体辺見さんが表現する「汽水」とは何ぞや?と(自分がエロスと位置づけた概念は忘れて)再考しようと思いました。

「汽水」とは、河口で海水と河水と混ざりあった水のこと。
作中のヒロインが語るところによるろ、相対的な水が交わる「汽水」の領域で生きて行ける生物は、限られているらしいけど、事実はどうなのでしょう。
大海へ淡水が注ぐ河口では、多様な生物が集まり豊かな漁場だというのが私の認識だったのだけど。

辺見さんは、「汽水」という言葉で現世(うつしよ)を表現したのでしょう。
互いの長所を生かし取り入れるのではなく、短所を罵り殺し合いながら混じり澱む領域。
何も日本における政治だけでなく、商業も産業もそう、世界各国のソレも同じ。

もはやソレは淡水でもなく海水でもないため、淡水生物も海水生物も生きられなくなる領域に広がる水。
思想・文化・人種・風習・流行・地域・国籍、、、職業においても澱んだ汽水が拡大しつつあるように思います。
相対的なモノがぶつかり合い、対抗するのではなく、互いに交じり合うことによって得体の知れないものとなる事象。
有機物過多な生活排水まで注ぎ込み、環境に適した生物だけが生き延びることを許されるに至ったのかもしれない、などと考えてしまいました。
右が左になり、左が右になり、強はさらに強になり、弱はさらに弱になり、男は女になり、女は男になり
昨日まで頂いていたものが今日には地に堕ち、猥雑の度合いを増していくその混沌の根源が「汽水」。
ごくありふれた、刺激の少ない日本特有のカオスというところでしょうか。



この小説が翻訳され、英語圏でも読まれるようになったそうです。
英語のタイトルは「Gush」。
このタイトルを見て作中のヒロインの生理現象だとすぐに理解したけれど、「汽水」とどう関連してくるのかが難題でした、、、。
そういえば、女にも汽水があるね。「○キー○線」とか「バ○トリ○線」とか。
もちろん辺見さんはそれを承知しておられたのでしょう。
女性の「汽水」を考えると男女の性の深淵に少し触れたように思います。ええ、少しだけ。

もっと掘り下げて読み込まなくては、この作品はわかりにくい。
わかったとしても、この小説の感想を赤裸々に書くのには抵抗を感じます。
それだけで自分にも、間違いなく水が溜まると思います(笑)。

ヒロインのそれまでの苦痛が解消された時、それを望んでいたはずの男は大いに落胆してしまい、二人は別れることになるのだけれど、これもまた「汽水」の仕業なのでしょうかね。

「水は、私という器のなかの恥だった。あなたは、恥だけを愛して、恥を抱えている器そのものは愛せなかった。」

読後は虚無感に襲われたけれど、それもまた辺見さんのメッセージなのでしょう。
こんな時代だからこそ、まずは一人を真剣に見つめ、理解し、そして、、、。

この小説の感想を赤裸々に情熱的に書けたら、どんなにかっこいいだろう。。。
私がしめくるる感想は、こんな言葉になってしまいました。

かっこ悪いな(笑)。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。